災害対策セミナーin神戸

実施報告

第8回「災害対策セミナーin神戸」実施報告

会期
2015年1月22日(木)〜23日(金)
会場
神戸国際会議場

開催セミナー・シンポジウム参加者数 合計:1,505名(前回 1,543名)

    セミナー・シンポジウム名 参加人数
22日(木) 1 

地域防災シンポジウム 「震災教訓の継承と自己決定力向上〜備えることの大切さ〜」

■主催
神戸市
一般財団法人 神戸国際観光コンベンション協会
公益財団法人 神戸都市問題研究所
第30回ISTS兵庫・神戸大会地元事業実行委員会

【午前】防災功労者等表彰式、基調講演
【午後】特別企画パネルディスカッション
800名
(内訳)
午前600名
午後200名
2

「やってみよう!すまいの中の安全対策!」

■主催
神戸市都市計画総局耐震化促進室
神戸市すまいの安心支援センター
10名
3

比較防災学ワークショップ/災害対応研究会公開シンポジウム
「国難と都市災害:来るべき国難にどのように備えるべきかⅢ」

■主催
京都大学防災研究所・巨大災害研究センター/
関西大学社会安全研究センター
■共催
災害対応研究会
108名
(両日累計人数)
179名
4

神戸市歯科医師会+神戸常磐大学 震災20年ジョイントフォーラム
「お口のケアが命を守る〜被災地からの報告と備え〜」

■主催
神戸常磐大学短期大学部口腔保健学科/
神戸市歯科医師会
47名
5

「世界に発信すべくお互い様BC連携ネットワークを活用した儲かるBCM」

■主催
特定非営利活動法人 危機管理対策機構
■共催
一般財団法人危機管理教育&演習センター
32名
6

「神戸1.17、あれから20年、今、そしてこれから」

■主 催
神戸の減災研究会
53名
    セミナー・シンポジウム名 参加人数
23日(金) 7

「安全・安心な社会を目指して」
〜迫る自然災害の危険性とその対策〜

■主 催
神戸大学都市安全研究センター
36名
8

比較防災学ワークショップ/災害対応研究会公開シンポジウム
「国難と都市災害:来るべき国難にどのように備えるべきかⅢ」

■主催
京都大学防災研究所・巨大災害研究センター/
関西大学社会安全学部・社会安全研究科
■共催
災害対応研究会
71名
(両日累計人数)
179名
9

第1部 災害対応システムの現状と未来
第2部 竸基弘賞授賞式

■主催
特定非営利活動法人 国際レスキューシステム研究機構
90名
10

「千人クロスロードへの挑戦状」

■主催
NPO「神戸の絆2005」
■共催
神戸学院大学、ポーアイ4大学連携推進センター
20名
11

神戸大学都市安全研究センターRCUSSオープンゼミナール
ひょうご防災リーダーOB公開講座 阪神・淡路大震災20年特別企画
「自治体の災害対応の経験・教訓を「伝える」「育む」

■主催
神戸大学都市安全研究センター/神戸大学社会科学系教育研究所
■共催
兵庫県広域防災センター/神戸市/三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社
167名
12

「次の大地震の来襲に備えて技術者ボランティア達は何をすべきか」

■主催
公益財団法人 日本技術士会近畿本部
■共催
公益財団法人 日本技術士会統括本部防災支援委員会
41名
13

「世界に発信!幸せ運ぼう!」

■主催
ビジュアル版幸せ運ぼう制作委員会
30名
ページトップへ

パネル展示

【パネル展示】 空の防災拠点〔神戸空港〕、神戸市危機管理センター
ページトップへ